グルコサミン

コンドロイチンとは

関節痛や腰痛などのサプリメントなどでよく目にするようになったコンドロイチンですが、名前は知っているものの、どんな成分なのか、どんな効果があるものなのか、実際には、よく知らない、という方も多いのではないでしょうか。
「コンドロイチン」とはギリシャ語で「軟骨」の意味があります。
正式名称は、コンドロイチン硫酸と言い、水溶性食物繊維の一つです。

ネバネバの粘液物質であるムコ多糖類の一種であるコンドロイチンは、関節の軟骨やじん帯、血管壁や角膜などの、結合組織を構成するとても重要な成分です。
全身の関節部分を柔軟に動かすための重要な働きを担っており、その他にも組織の水分や弾力を維持したり、関節炎の予防や改善、さらには、高血圧や動脈硬化などの予防に役立ちます。
関節やじん帯に多く存在しているこのコンドロイチンは、関節をスムーズに動かすための需要な潤滑油となっているのです。

コンドロイチンが存在しているおかげで、骨と骨がぶつからずに、スムーズな動きができるのですね。
しかしながら元々体の中に存在する成分ではあるのですが、年齢とともにその量が減少していくので、関節炎や関節痛などの症状として現れてくるのです。
年齢を重ねることで関節に痛みが現れてきた場合には、コンドロイチン不足が考えられるのです。
また若い方でも日頃激しいスポーツをしている方は、軟骨がすり減りやすく、それにより痛みが発生することもあります。

年齢を重ねてコンドロイチンが不足してきた方、または運動による関節の痛みが気になる方などは、サプリメントで補うことが大切です。
コンドロイチンのサプリメントには、サメなどの軟骨が使用されていることが多いですが、毎日の食事のなかでも摂取することができます。
例えば納豆やオクラ、山芋、海藻類などのネバネバの食材にコンドロイチンはたくさん含まれています。
サプリメントと同時に、これらの食材を食べることを心がけると良いでしょう。

このページの先頭へ