グルコサミン

コンドロイチンはムコ多糖類の一種

人のカラダの関節、じん帯などにたくさん存在しているのがコンドロイチンです。
これは、関節などをスムーズに動かすためには欠かすことができない成分です。
関節部分の潤滑油としての役割があり、さらに骨と骨とがぶつかってしまうのを防止するためのクッションとしての重要な役割もあるのです。

コンドロイチンの量が不足することで、関節痛や腰痛などの症状が出てくるようになるのですが、人のカラダに存在しているコンドロイチンは、年齢を重ねることで減少してしまうのです。
年齢と共に関節の痛みなどが増えるのは、このためなのです。
他にも、日常的に、激しいスポーツなどを行っている方は、軟骨がすり減りやすくて、それによって痛みが発生することもあります。

このような場合にもコンドロイチンを効果的に摂取することが大切です。
では、このコンドロイチンはどんな成分なのかというと、糖の一種です。

「ムコ多糖体」という成分の一種で、 これは細胞や繊維、組織の間をしっかりと結びつける役割のあるもので、それらを保護したり、栄養補給をする役割もあります。

粘性物質である「ムコ多糖体」の重要な構成成分の一種であるのがコンドロイチンなのです。
同じく、ムコ多糖体の一種であるグルコサミンと同時に摂取することで、より関節の痛みや腰痛などの変形性関節痛に効果があるとされています。
コンドロイチンは、サプリメントで摂取できる他、毎日の食事からでも摂ることができます。

コンドロイチンが配合されたサプリメントは、市販でも種類豊富に販売されているので、手軽に購入することができます。
サプリメントと併せて、食事からの摂取も大切です。
コンドロイチンが含まれている食品としては、すっぽんや納豆、なめこや山芋、といったもので、これらを見ても分かるように、ぬめり、ネバネバのとても強い食品となっています。
関節の痛みなどが気になる方は、サプリメント以外にもこれらの食品を意識して摂ることがおススメで、美容などにも効果が期待できますよ。


このページの先頭へ