グルコサミン

関節痛に効果的

一般的にコンドロイチンと呼ばれているものは、正式にはコンドロイチン硫酸のことです。
ムコ多糖の一種で、人間の体の中で、コラーゲンと一緒に軟骨や骨、角膜や皮膚などの結合組織を構成している大切な成分です。
「コンドロイチン」とは、ギリシャ語では「軟骨」の意味があります。

関節部分のクッションや弾力性、水分を維持するための働きがあるコンドロイチン硫酸は、全身の関節をスムーズに円滑に動かすためには不可欠な成分なのです。
体がスムーズに動かせることは、若いうちには当たり前に感じていて、特にありがたいことであるという意識もないですが、これはコンドロイチン硫酸のおかげなのですね。
しかしながら、年齢を重ねることで、徐々に生成される量が減少していきます。

関節の軟骨も自然と減少していくことになるので、関節痛につながるのです。
膝の痛みや炎症が出てくるので、体もそれまでのようにスムーズに動かすことが難しくなり、歩いたり、階段をのぼり下りするのがとても苦痛になってしまうのです。
そのような関節痛には、コンドロイチンをサプリメントや食品から補うことことで、痛みの緩和に効果があります。

体内で生成されるコンドロイチンが減少するので、体の外側から補うことが必要になるのですね。
たくさん含まれている食品としては、ネバネバとした食品が中心となります。
たとえば納豆やオクラ、山芋で、動物性の食品であれば鶏の軟骨やフカヒレなどにもコンドロイチンがたくさん含まれています。

しかしこれらの食品は毎日のようにたくさん食べることは難しいですね。
ある程度は食べるように意識しながらも、やはり手軽に効果的にコンドロイチンを摂取できるのはサプリメントです。
関節の痛みがある人は、その痛みをガマンせずにコンドロイチンを補給して下さいね。
また副作用の心配はないものの、1日に必要な量は400~1200㎎とされていて、サプリメントのパッケージにも1日の目安量が記載されているので、用量を守って服用するようにしましょう。

このページの先頭へ